電話相談・アドバイス・初期診断無料 奥山電脳工房

検索エンジンで上位に表示される為に その1(SEOとは)

あなた(御社)のホームページは売上に貢献していますか?

SEOとは(検索エンジンでの表示順位のことをWebポジションといいます=その対策がSEOです)

なぜ検索エンジンで自社のサイトが上位に表示されないのか? SEOの基本

たとえば、あなたが 欲しい中古車をインターネットで探そうとしたとします。

Googleで中古車と入力して検索してみました。
(実際にやってみてください)


"中古車 の検索結果 約 10,800,000 件? 1 - 10 件目”(2014年6月25日現在) これはページ内に“中古車“という言葉(キーワード)が書かれているページが全部で1.080万ページ在りますと云うことです。

いくら根気よく中古車あるいは中古車のページを探そうと思っても、せいぜい5ページも見れば良い方で、普通は2,3ページも見れば嫌気が指してきます。

ということは、自社のホームページを見てもらおうと思ったら少なくとも2,3ページの中に載ってこなければなりませんし、出来れば1ページ目に載る必要があります。

※しかも1ページ目のほとんどは有料の広告です。

どうすれば1ページ目に載るのでしょうか?

検索の仕組みとどうすれば上位に表示されるのかを以下に簡単に解説します。


検索エンジンの種類(検索方法の違い)

カテゴリー検索とロボット検索

検索サイトの検索方法はyahooに代表されるカテゴリー(項目)検索サイトとgoogleに代表されるロボット検索(キーワード検索)の2種類に分けられます。


カテゴリー検索 yahoo
大きな概念(カテゴリー)から徐々に範囲を絞り込みながら情報を探すことができるカテゴリ構造をもっています。
(Web)サーファーと呼ばれる専任の編集者が、登録申請されたサイトの内容を判断しデータベースに登録、追加します。

長所
人間が内容を確認していることにより、絞られた情報のみを登録している。

短所
圧倒的に情報量が少ない

 有名なサイト(yahoo等)にはなかなか登録してもらえない/ 特に企業の場合は有料でなければ登録されない

  必要な情報をカテゴリーをたどって探す人はほとんどいない(面倒で、必要な情報に行き着かないことが多い)

 キーワードの登録が不適切だと全く表示されないことがある

 古い情報が更新されていないまま残っている場合がある(数年前の情報がそのままな事もある

近年 ほとんど役に立たず、yahoo自身もフリーワード検索が主体となっております。(googleエンジン)


Yahooに有料で登録することは必要か?(ビジネスエキスプレス

5万円払ってYahooのカテゴリーに登録することは有効か?
”登録しておくとYahooのロボット検索で有利になる”と言われていますが、実際はどうでしょう?登録以外のサービスもあるようですがSEO的にはほとんど意味がないように思います。

「5万円程度なら気休めに払っておこう」という人以外 お勧めはしません。

また、「登録しておくとYahoo検索で有利になるから」という勧誘がYahoo以外の検索サイトからよく来ますが、詐欺まがいのものがほとんどなので要注意です。
*Yahoo代理店と名乗っていても本当かどうか よく確かめましょう。


ロボット検索
キーワード検索を入力して検索します。ホームページ内の全文章からキーワードで検索できることから全文検索とも言われます。

登録はロボット(Webスパイダー、クローラー)と呼ばれるプログラムが自動的にインターネット上のリンクを次々とたどり、ホームページを見つけて行き、その得た情報を要約(インデックス化)し、自社のデータベースに登録していきます。

<長所>
圧倒的に情報量が多い(多すぎて 絞り込みにテクニックが必要)

 全文献検索できる(本文中にキーワードを含むサイトも表示される)

 定期的にロボット(Webスパイダー)が巡回するため、情報が常に更新される
(頻繁に更新されるサイトほど巡回の感覚が短い=>ブログが検索されやすくなるという弊害もあります)
※これを逆手にとってブログを書きましょう。

短所
情報が多すぎて目的の情報が見つけにくいことがある(複合キーワードを使うなど探す側の工夫が必要)

 ロボットが見つけやすい構造をしていないサイトは全く登録されないことがある

  *人間の見やすさと相反する面もあり制作には創意工夫が必要


日本Yahooもgoogleの検索エンジンを使っています。

そしてそのための方法こそSEO(サーチエンジンオプティマイジング)と呼ばれる検索エンジン対策なのです。


このページはリンクフリーです

hddデータ復旧・ホームページ(SEO)・奥山電脳ホームページへ